Journey Georgia Coordinator

ジャーニー ジョージア コーディネーター

東ヨーロッパ・ジョージア移住から 現地校留学、 リタイア、不動産、 ビジネスまで 全般的にサポートします

新型コロナ情報 (COVID-19) 暮らし、生活

ジョージアのPCR検査事情

ジョージアに入国するには72時間以内のPCR検査&英語の陰性証明書が必要。

日本に帰国する時も同様に72時間以内のPCR検査&英語の陰性証明書が必要

ジョージアは入国後3日間以内に再度ジョージア国内でPCR検査も必要

なのでどちらにしてもジョージアでPCR検査を受けないといけない

PCR検査の方法は口内と鼻に綿棒のようなものを突っ込むやつ(鼻咽頭検査)

これが「日本」でやると容赦なく非人道的に問答無用に突っ込まれるので痛いし涙が出る!

子供にも容赦ないので6歳の次女は泣き叫び「何でそんなにするの!!バカ―!!」と泣き叫び怒ったほど、8歳だった長女は逃げ出したが先生達につかまり羽交い絞めにされ無理矢理やらされ、普段大人しい性格だがこの時は「二度とやるかこのぼけーーー!」みたいな意味不明なことをぶちまけた

これが「ジョージア」になるとかなり優しい

そもそも子供にPCR検査は受けさせないし、必要ない

ただし僕らが入国した時は必要だったのか?いちようやった

それでも鼻の穴ぐりぐり、鼻くそほじほじ程度だったので2人とも全く大丈夫で先生も非常に優しかったので「あの先生は良い!イケメンだったー!!」と全く問題なく終わった

トビリシでもクタイシでも僕らは何度かPCR受けたが基本的に凄く優しい

受ける前に「優しくしてね、痛いの嫌だよ」と言っておくことはお勧めする

人道的に優しい人がジョージアは多いので優しくしてくれるし、普段厳しい顔をしているが優しい顔になり笑顔をくれる

ジョージア在住の日本人で海外に結構出ている人は痛くないPCR検査場を熟知している

料金も良心的で英語の陰性証明書付きで2000円から3000円くらい

日本でやろうと思うと英語の陰性証明書を発行となるといきなり料金が上がったりクリニック等が限られてしまい。15000円から2万円以上かかってしまう

前もっての予約も必要だし超不便

ジョージアはその日にふらっと行ってもだいたいすぐに検査してもらえる

その日か翌日には検査結果をもらえる

ジョージアの方が便利だし安いし、優しい

キプロスに行った時もクリニックでPCR検査を受けたがジョージアほどではなかったが優しかった

日本で検査して鼻の中を負傷したという話をいろいろな人から聞いているのでやり過ぎだしそこまでやる意味がどこにあるのか?

僕らは痛いの嫌だしPCRもなるべくしたくないが、ノーワクチンだし海外出たいのでPCRさんにまだしばらくお世話になると思います。

ジョージアのPCRは優しい

その国のお人柄、お国柄が出る

日本はバカ真面目でそれぞれの義務を必死に全うしているかに見えるが、そもそもの本質に欠けているのでコロナやPCR検査以上の損失や危害を相手に加えていることに気が付かない

ジョージアに移住してコロナ禍でもノーワクチンでもいろいろな国に行きたい方ちょっと安心してください。ジョージアはPCR検査はじめいろいろなことに寛容な国です

そういうジョージアの人間的寛容さが僕は好きです

-新型コロナ情報 (COVID-19), 暮らし、生活
-, ,

© 2022 ジャーニー コーディネーター @ ジョージア Powered by AFFINGER5