Journey Georgia Coordinator

ジャーニー ジョージア コーディネーター

東ヨーロッパ・ジョージア移住から 現地校留学、 リタイア、不動産、 ビジネスまで 全般的にサポートします

学校、教育 暮らし、生活

ジョージアで子供が謎のアレルギー発症

ジョージア生活で気を付けるべきことの上位に交通事故があります。

車の運転がかなり荒い、あまり周りを見ていないので特に小さな子供は車にひかれる交通事故が日本よりもずっと多いように思います。

交通事故やケガ、病気など普段から気を付けている方だと思いますが、次女がまさかの謎のアレルギーになり顔がパンパンに腫れ、痒みでかき潰すので一気に見る影もないほどに顔が変ってしまいました。

最初はりんご病かと思って様子見てたけど、 どうやら違うと思い病院へ。

インターの担任の先生が紹介してくれた病院でしたが、行ってみると診断クリニックのような所で皮膚科ではありませんでした。 

一通り問診してもらい、血液検査してみないとわからないということになり血液検査をし、結果が出ないまま、薬を処方?してもらいました。  

(処方というか、 ドクターが薬の名前をメモしてくれて それを持って薬局に行って買いました。  

なので、飲みたい薬が決まってるなら 処方箋がなくても手に入ります。)

手書きのメモに書いてあるものは後からわかりましたが

肌が荒れまくっていたので、 超敏感肌用のローション&石鹸でおフランス製の日本にもある超高級なもの。ジョージアは日本よりは安いようですが、それでもビックリする値段でした。

それと抗ヒスタミン系シロップ

要するに超高級石鹸で肌をきれいにし、シャワー後などに超敏感肌用高級ローションを塗り、1日2回抗ヒスタミン系シロップを飲み何らかのアレルギーに対処するでした。

数日後、検査結果が出たので行ってみると、、 「アレルギー!」 ていうのが確定。  

何のアレルギーかは分からず。 ていうか検査していない。

そもそもその検査は出来ないのか それともまた別のクリニックならできるのか? よく分からんけど、 先生に電話し待つこと1時間半以上

ふらっと来てサクッと検査結果を見て一言、「アレルギーだね」(そんなの分かっとるわーーーい!!!!)

そしておもむろに「今日からこの子はスーパーダイエットだな」

ジャンクフード、甘いもの、チョコレート、ケーキ、はちみつ、イチゴ、ベリー系、ナッツ系、卵、パスタ、乳製品、鶏肉以外の肉類全部ダメ!まずは20日間やってみなさい

そして最後にまたおもむろに「日本語でGoodByeって何て言うんだ??」

「さようなら」っと日本語で言って満足気に去って行った。

ジョージアあるあるだなー

言わんとしていることは間違ってはいないが、素人考えでも考えればわかることばかりだ。

まあ血液検査代140ラリ(6000円)しか取られていないから良しとしよう!

とりあえずアレルギーだということが分かりました!

1つ1つやっつけていきます。

後から分かったが先生はパスタはダメだがパンは良いと訳が分からんことを言っていたが

学校でパンを食べて腫れとボツボツがひどくなったからパン、つまり小麦アレルギーなのでは?となり

学校給食も学校で出されるおやつも一切やめにし、お弁当とおやつはおにぎりを持たせることにした。

もちろん家でも僕が料理を全て作っているが上記した食材はいっさいやめにした。

それから数日して腫れがひいて顔がましになって来たので今のところは少し安心している。

これを1カ月近くは続けていこう。

それにしても次女は言葉は悪いが、いつも痛い所をついてくる

風邪やコロナやケガやインフルエンザなどではなく、一番口うるさく、一番じっとしていられない、全てを蹴散らし壊す最強のパワー少女がなんにも大人しくならない、痒みと顔の腫れ以外は何もなく普通に暴れまわれるアレルギーとは!なかなかいつも一番痛い、グレイゾーンで大人達をヒヤヒヤさせる。

パン職人の母がジョージアに移住してくるこのタイミングで小麦アレルギーにならなくてもいいのにーーー

まあとりあえずホッとしました。分からないのが一番怖い

-学校、教育, 暮らし、生活
-,

© 2022 ジャーニー コーディネーター @ ジョージア Powered by AFFINGER5