Journey Georgia Coordinator

ジャーニー ジョージア コーディネーター

東ヨーロッパ・ジョージア移住から 現地校留学、 リタイア、不動産、 ビジネスまで 全般的にサポートします

ジョージアの文化 ジョージアの食 飲食店、レストラン

ジョージアの餃子ヒンカリ【ヒンカリストへの道】

ジョージアにも餃子のようなものがある。

シルクロードを通って中国から広まったのか?ロシアや旧ソ連の国々には餃子にそっくりなものがそれぞれの国にありジョージアではジョージア人にも人気でかなり市民権を得ている。

ジョージアではヒンカリと呼び、ヒンカリ専門店がどこの街に行っても必ずあるほどヒンカリはジョージア人の胃袋を掴んでいる。

ジョージアのヒンカリはロシアのペルメニやポーランドのピエロギ、ウクライナのヴァレーニキよりも大きく、茹で巨大餃子のような感じで硬くなっている頭の部分を持ち器用に中の汁だけをまずはすする、そして中の餃子のような餡を食べていく。

どちらかと言うと小籠包の巨大バージョンで中の餡と言い餃子の要素も強い。

(どっちやねん!ですが、まあ美味しければ許されるやつ)

東欧やロシアの他の国のよりもアジア的でより日本人の口に合うと思う。

このヒンカリ、子供が大好きなので外食すると毎食食べられてしまうので最初の方は飽き飽きしていてどれもそんな大差ないから「各地方に行っているのに何でまたヒンカリなんだよ!」とヒンカリデモを起こしたいほどだったが、実は奥が深く食べれば食べるほどその違いに気が付きはじめ、ヒンカリ道、ヒンカリストへの道を歩み始めてしまった。

文字通り東西南北ジョージアの主要都市、観光地のレストラン、専門店でヒンカリを食べ歩いたので少しはヒンカリに詳しくなったのではないか?

しかし、まだまだヒンカリストとしては未熟でヒンカリ発祥の地に行っていないし、西に美味しいヒンカリの店があれば飛んで行き、東に変わり種ヒンカリがあると聞けば行って試してみるという風にどんどん立派なヒンカリストへの道を一歩一歩進んでいこうと日々精進している次第であります。

中でも感動したヒンカリと言えば東ジョージアのカヘティ地方最大の都市テラヴィで食べた絶品豚ひき肉と豚の脂が入った焼きヒンカリだ

カヘティ地方の豚肉は美味しくしかも豚の脂だけ市場に並ぶほど脂が甘くサッパリとしていて美味だ。その豚肉と脂を贅沢に使ってしかも焼いてあるヒンカリ

これはもうそれを食べに行くためだけにクタイシから7時間以上かけて行く価値があるほどなかなかに絶品だった。

いつもよりも多い肉汁ブしゃーー!で超絶暑いが火傷してでも食べたいほどに熱々の汁をすすればもう豚汁天国に行けてしまう。

焼きヒンカリの香ばしい焼き加減と中身のとろけるような美味さのギャップといい「ヒンカリさいこーーー!!テラヴィーーーー!!!」と叫びたくなるほどだ

ヒンカリ自体はどこで食べてもその姿形は頑なに守っているのか?同じような形をしていて映えないが、皮の薄さ加減や皮の美味しさ、中身のバリエーション、ハーブ、ニンニク、香辛料、唐辛子使いといい店によって違いがある。

主に豚肉や豚と牛の合い挽きがスタンダードでその他ジャガイモ、チーズ、マッシュルームなどもどこにでもあり、地方によっては生地に何かを練り込んでみたり、エビが入っていたりと変わり種ヒンカリもある。

上記した焼きヒンカリもある店はあるが、僕らはなかなかお目にかかったことがなく、クタイシのヒンカリ専門店でいろいろ聞いてもどこにも取り扱いがなかった。

幻の焼きヒンカリをクタイシで見つける使命といい、ヒンカリストへの道はまだまだ険しい

次はどんな美味しいヒンカリが待ち受けているのか楽しみでしょうがない!!

ヒンカリストへの道乞うご期待!

-ジョージアの文化, ジョージアの食, 飲食店、レストラン
-, ,

© 2022 ジャーニー コーディネーター @ ジョージア Powered by AFFINGER5