Journey Georgia Coordinator

ジャーニー ジョージア コーディネーター

東ヨーロッパ・ジョージア移住から 現地校留学、 リタイア、不動産、 ビジネスまで 全般的にサポートします

クタイシ ジョージアの食 ジョージアワイン 飲食店、レストラン

クタイシのお洒落でこだわりがあるレストラン

僕らが住むクタイシは良い意味で落ち着いていて住みやすい街なのだが、どうも派手さや特徴に欠けるのでジョージアの中でもないがしろにされがちだ。

しかしこのジョージア最初の首都であり3500年以上の歴史あるヨーロッパでも最も古い街の1つであるクタイシは知れば知るほど奥が深く、知らないとこの街の魅力はわかりづらいと言うなかなかに厄介だが旅慣れた人や玄人受けするディープな街だ。

ジョージアの中でも2番目かおそらく現在は3番目に大きな街で(首都トビリシ1番、現在はバトゥミが二番目になっていると思われる)当然飲食店もそこそこに多く大きな街だが飲食店のコスパはかなり良く、ビールと大盛名物ケバブとパンが付いて10ラリ(350円)の大衆店から高級レストランまで揃っている。

今回お勧めしたいのがおそらくクタイシの中では高級な部類に入る方だと思うが、それでもわりと安く何よりもクタイシにこんなお店があったのか!っとちょっとビックリするレベルにお洒落でワインや食べ物など全てにこだわりが見られ、ジョージアヨーロッパフュージョン料理のようなレストランだ(それでもかなりジョージア料理寄りでまあジョージア料理であろう)

グーグルマップ上では下のカフェみたいな所にピンがついてしまっていて、同じ店だがせっかくなのでその裏にある二階の古いジョージアの家を改装した方に行ってもらいたい。

ジョージアあるあるだが外観は古い家のままでそこまでオシャレ感やバエ感がないが中に入ってみると別世界が広がっている。

2年前にクタイシ在住のジョージア人の友人に連れてきてもらってそのオシャレ感の虜になりこのコロナ禍でまだやっているか不安だったが予約などしないで行ってみたらすでに18時の状態で予約でいっぱいで入れなかった。(そもそも特に夏でディナーを食べる時間が8時とか9時と遅いはずなのだがすでに18時で満席なのはかなりの人気店)

これはかなりの人気店で期待できるに違いない!と思いその場で翌日の予約を取り再度チャレンジした。

先に断っておくがただただお洒落な店はジョージア中に溢れているし、ここまでではないがクタイシにも沢山ある。

このお店はメニューの面白さ、味(ジョージア料理は基本塩気が強く、味が濃く、脂っこいのでそれとは異なる)、盛り付けなどの見た目、そして特にワインなどの品揃えのこだわりが強く見られる(他では手に入らないこだわりのワイナリーのワインが並ぶ)

入り口にWelcome to our Homeと書いてある通り古い家を見事にリノベーションしてあって、基本はその古い家をそのまま使っているのにオシャレでセンス良くかつシンプルで機能的に創り変えている。

インテリアや食器の類も全てセンス良く上手く統一されていて、パートナー曰くこれはジョージア人のなせる業ではないので外国人がオーナーかもしれないとのこと

それほどにジョージア離れしていてお洒落でセンスが良い

(古いロシアチックな感じだとも言える)

肝心の料理とワインはこれもジョージアスタンダードなものとは異なり洗練されていた。

子牛のソテーマッシュルームチーズソース

程良く火入れされた柔らかな子牛に程良い塩加減のマッシュルームチーズソース

ジョージア的な味付けではなく、程良く洗練された普通に美味しく安心のクオリティと言った感じ

子牛のタラゴンソース煮込み(ハウススペシャル)

柔らかく煮込まれた子牛にタラゴン薫るちょっと濃厚クリーミーソースでワインがすすむ

ポーションが少ないのが残念なので、もっと食べたい!いつものジョージアのメガ盛りを!っと言いたくなるほどに病みつきになるお味、足るを知るを知るということなのか?、これが大盛出てきたら飽きるのか?まあどんぶりいっぱいに食べたいやつ

ワインはクタイシから車で30分の温泉リゾートツゥカルトボにあるワイナリーのオツゥカヌリサペレ

これは言うまでもなく洗練されていて、イメレッティ州に美味しい赤はない!という今までの思いが覆されて思わず翌日このワイナリーを訪ねに行ってしまったほど(その様子はまた後日)

子牛に非常に合い、ヘビー過ぎずライト過ぎずバランスが取れていてかつナチュラル感も残っているジョージアスタンダードなワインとは異なる洗練されたクオリティ

チョコレートケーキとアップルタルト

ジョージアのスイーツは甘さが控えめで日本人の口に合うので最初から期待できたが、期待を裏切らない美味しさ

子供達が食べてしまったのであまり口にできなかったが、ジョージアスイーツはいつも見た目よりも甘さが控えめで洗練されていてかつちょっと期待を裏切る仕掛けがされている。

生地やクリームやフルーツの使い方が上手く食感を面白く利用している。

このコロナ禍でこの日は月曜日の18時だったが1時間しないうちに満席になってしまったのでこのお店に行く時は予約してから行くことをお勧めします

サービスもジョージアスタンダートからしたらかなり良く(食事が出て来るのが遅いし、混んでくるとウェイターがなかなか来てくれないが)、ゆっくりと落ち着いて食事ができるレストラン。

クタイシの他のレストランからしたら少し値段は高めだがそれでもワインとビール入れて5人で行って一人1000円ちょっとの安さ。

我が家はクタイシにお客さんが来たらこれからここに連れて来ることを決めた。

がっつりとスタンダードなジョージア料理を食べたい方にはお勧めしないが、ジョージアの古民家のオシャレ空間で洗練されたジョージア料理とワインを楽しみたい方にはお勧めします。

-クタイシ, ジョージアの食, ジョージアワイン, 飲食店、レストラン
-, , , , , ,

© 2022 ジャーニー コーディネーター @ ジョージア Powered by AFFINGER5