Journey Georgia Coordinator

ジャーニー ジョージア コーディネーター

東ヨーロッパ・ジョージア移住から 現地校留学、 リタイア、不動産、 ビジネスまで 全般的にサポートします

世界視察旅

ジョージアからハンガリーいろいろ視察旅

先月ジョージアのクタイシからハンガリーまで往復7000円の激安航空券で行ってきました!

ブダペスト以外はわりと物価が安く、文化や歴史が深くセンスも良く人々も穏やかなので暮らしやすそうでした。

ヨーロッパの国で唯一アジア系の血が混じる民族で歴史的にも中国やトルコなどアジアの影響も多く受けていて、何よりも温泉大国なのが共通点を感じる部分で、差別などあまりなく穏やかに平和に暮らしていけそうなのが良かったです。

国内消費が多いようなのであまり知られていませんがハンガリーは隠れたワイン大国でもあり、固有のワインぶどう品種やユニークなブレンド方法や作り方、個性的なワイナリーも多く、東北部と南部のワイン産地を巡りました

さすがにEU加盟国だからなのか?様々な部分でジョージアとは洗練度が違い、インフラも整い、ワールドスタンダードなサービスなどが受けられるので安心してほぼストレスなく旅ができました。

(その代わり物価がジョージアよりは高く、予想を超えた出会いや驚くべき出来事などは少なかったです)

ジョージアも歴史や文化は深いですが、そこにインフラや人々の高い意識、教育そしてお金が絡んでこないとそのポテンシャルを十分に活かすことは難しく、EUに加盟し西欧諸国の仲間入りを果たし世界遺産なども多く、観光客も多く訪れるハンガリーの観光施設は全てにおいて洗練度やセンス、サービスにおいてもジョージアを遥かに凌駕していました。

僕個人としてはジョージアの荒々しい部分、自然のままで無骨な気取らない、人の余計な手、西欧の手が入っていない手つかずの部分が好きですが、世界的にはハンガリーの方が評価が高いのも うなずけます。

もともとあったもの、ポテンシャルの高いものをどう見せていくか、どうわかりやすく説明し、多くの人に喜んでもらったり共感を得るかが観光地や芸術&文化施設などとしてはハンガリーの方がジョージアの大先輩でもあるので勉強になりました。

ワインはジョージアの方が僕は好きですが、世界的特に西欧&欧米スタンダートとしてはハンガリーの方が好みなのでしょう。

西欧&欧米の好みの方向性にもっていく、もっていくと料金が上げられワイナリーが潤うので最終的にみんな同じような系統になっていくのが残念とも感じました。(観光施設や芸術&文化施設などでも同じことが言えると思います)

同じような構造になっていってしまうのは日本だけではないんだなと今回は感じ、できるだけ個性的なその土地でしか味わえないユニークなものを僕らは求めていこうと思いました。

ジョージアはまだその点余計な手が入っていなく、独自の文化や主義主張が強いのでいろいろと守られているものが多く、個性をまだ十分に発揮しているのでもっとジョージアのオリジナルのものを掘り下げていきたいと感じました。

今回のハンガリーは首都ブダペストだけでなく、北東部のワイン産地エゲルと南部のワイン産地であり学園都市&欧州文化都市でもあるペーチュを訪れハンガリーの個性を探る旅でもありました。

僕らが住むクタイシから往復7000円ほど3時間で訪れられ、国の個性もあり、ワイン、温泉や文化&芸術&センスの良さが凄く気に入ったし、教育レベルも高いのに学費や物価がわりと安いので将来的な子供達の教育移住の候補先としても考えられるようになりました

なかなか実りあるハンガリー視察旅だったと思います。

-世界視察旅
-, ,

© 2022 ジャーニー コーディネーター @ ジョージア Powered by AFFINGER5