Journey Georgia Coordinator

ジャーニー ジョージア コーディネーター

東ヨーロッパ・ジョージア移住から 現地校留学、 リタイア、不動産、 ビジネスまで 全般的にサポートします

世界視察旅 新型コロナ情報 (COVID-19) 暮らし、生活

コロナ入国規制ほぼないジョージアと全くない国々

中にいる人達が一番わかっていない、もしくはわからないようにされているものだが、日本のコロナ対応は世界の中でも非常に遅れているのは日本人がわかっているようで実は理解していない事実であると僕は思う

現在世界50か国ほどの国がコロナの入国規制や国内での規制を全撤廃している。

僕らが住んでいるジョージアはまだこの50か国には入っていないが、それでもほぼ全撤廃されている。

入国にはワクチン接種証明書かPCR陰性証明書がまだ必要だが、入国審査はかなり緩く、先週入国した時はPCR証明書をちらっとしか見なく、2人分確認しなかったと思う。

ジョージア国内ではマスクすらほぼ誰もしていない。

一応、公共交通機関と医療機関内ではマスク着用義務があるが、みんなすでにあまりしていない。

コロナのことを気にしている人は少なく、すでに流行り病、風土病的に考えていてコロナにいろいろ振り回される人はいない。

日本でも下のリストのようなものが出回っているようだが、そもそもワクチン不要、隔離なしの国などほぼ全ての国で

日本やフランス、イタリア、ドイツなどの西欧の一部の国々、アメリカなどの一部の州以外のほぼ全ての国が当てはまり、このリスト国はコロナ規制全撤廃されている国のリストだということが理解されていない。

(現在はこのリストよりももっと多くの国がコロナ規制が全てなくなっている)

世界は日々コロナの支配から完全に抜け出ているにも関わらず、日本やアメリカ、EUの主要国など支配したい国とされたい国々はまだコロナごっこを続けている。

先週までコロナ規制全撤廃されているハンガリーに10日間ほど行って来たが、全撤廃の意味が行ってみてよくわかった。

文字通り入国時は何の検査もない、パスポート以外何も見せなくて良い

どこに行ってもマスクはしなくて良く、ソーシャルディスタンスなどもなく自由に各々の選択のもと様々なことができる。

それでも首都ブダペストなど人が多い場所は自己の選択の下マスクを着用している地元の人特にちょっと年齢が高い人が一定数いた。

もう個人の判断、選択の下で良いのではないかと感じた

日本はコロナの本質さえ見失い、ただみんながやっているからやる、命令されれば従う、怖いから鵜呑みにする

それでは奴隷に成り下がるとヨーロッパの人は歴史から学んでいるからそれに抵抗し、自分で選び勝ち取りたいと願う

何を捨て何を選ぶか?何のためにそれをするのか?

帰りの飛行機でさすがに飛行機内はマスク着用を促されたが10日ぶりにマスクを着けたら物凄く苦しかった。これをあまり考えずにやり続けたらと思うとゾットした。

じわりじわりとゆっくりとでも確実に衰退し続ける日本は何の考えもなしにマスクをパンツのように常用し、呼吸が浅くなり、抵抗力も思考力も行動力もなくなっていく。

僕は何も知らずに何も考えずにじわりじわりと少しづつ死んでいくのは嫌だ

それに抗い世界の現状を自らの目で見て頭で考え心で感じて足で、身体全体で変化を、行動を起こしていく

コロナはもう十分だ、次に進む

-世界視察旅, 新型コロナ情報 (COVID-19), 暮らし、生活
-, , ,

© 2022 ジャーニー コーディネーター @ ジョージア Powered by AFFINGER5