Journey Georgia Coordinator

ジャーニー ジョージア コーディネーター

東ヨーロッパ・ジョージア移住から 現地校留学、 リタイア、不動産、 ビジネスまで 全般的にサポートします

お知らせ 暮らし、生活

ジョージアへのペット入国サポートもできます【ペットフレンドリーな国ジョージア】

あまり知られていませんがジョージアはペットに優しい国ペットフレンドリーな国です。

ペットを連れてジョージア移住をしたいという依頼を受け徹底的に調べてみましたが、過去4か国のペット入国事情を調べ実際にサポートしましたがその中でもジョージアはペットの入国が比較的優しい国です。

EU諸国は狂犬病抗体検査が必要なようですがジョージアでは必要ありません。

ペットに負担がかかる検査系をわりと必要としない国なのでペット達の負担もストレスも減ります。

ただしジョージアは英語があまり得意な国ではないので、必要書類の英語訳もよく意味が通らないものだったり、言っていることがコロコロ変わったりするようですので現地への的確な確認が必要になってきます。

現地にある政府機関や実際にペット連れで入国しジョージアに住んでいる外国人複数に直接コンタクトを取りいろいろ教えてもらいました。

(当然人によって言っていることがまちまちです)

様々な情報をもとにまとめてみるとなかなかにジョージアはペットフレンドリーな国だなというのが分かりました。

ジョージアにペットを連れて来たいと思っている方、ジョージア移住ご希望な方はサポートできますのでご相談ください。

実際にジョージアに来てからもこの国はペットフレンドリーだなと思うことが多いです。

ペットが遊んだり、散歩できる大きな公園が街の至る所にありますし、ジョージア人は子供と動物が大好きです。

どの街に行っても野良犬や野良猫がいて、それらを街や市がしっかり管理していて市民ぐるみでみんなで育てています

ですので野良犬であってもかなり賢く、予防接種なども受けています。

ペットはリードなどをつけずに街中を堂々と散歩させている姿も見かけますし、自主散歩?犬だけで飼い主がいなく、自分で散歩して家に帰る犬達も結構見かけます。

自由にさせていればここまで犬も賢くなるのか!っと思えるほどみんな自由で凄く賢いです。

周りに気兼ねなく堂々と自由にペットが飼える国ジョージア

ペットにとっても伸び伸びと暮らせ自由を謳歌できます。

ジョージアに移住してからペットを飼い始めた人も多くいるほどです。

(ペットショップとかは基本的にないので、野良を育てるか、子供を譲り受けるかなどです)

ペットがいて海外移住を迷っている方是非ジョージアに来てみてください!

-お知らせ, 暮らし、生活
-, ,

© 2022 ジャーニー コーディネーター @ ジョージア Powered by AFFINGER5