Journey Georgia Coordinator

ジャーニー ジョージア コーディネーター

東ヨーロッパ・ジョージア移住から 現地校留学、 リタイア、不動産、 ビジネスまで 全般的にサポートします

テレビコーディネーター ニュース

テレビ取材コーディネーター、通訳、アテンド、リサーチャーできます

丸1週間TBSの取材コーディネーター、通訳、アテンド、リサーチャーとしてジョージアのいくつかの国境や首都トビリシでも取材して来ました。

北のロシアとの国境取材から始まり、ジョージアの辺境地を巡り突撃インタビューもいくつかして来ました

また、今回はジョージア国境に逃げて来るロシア人へのインタビューや北の国境取材だけだと予定していましたが急遽ロシアのウクライナ4州併合宣言のニュースが飛び込んで来たので、予定が増え同じような状況の南オセチアの国境を巡ったり、ジョージア人に街頭インタビューしたり、反体制派若者グループのベスナのメンバーで2日前にロシアからジョージアに逃れて来た方、そしてロシアの独立系メディアでロシアから逃れて来た方々へのインタビューにも成功しました。

急遽決まったことなのか?取材許可も取っていなかったし、インタビューする人も一人も決まっていなかったので、インタビューできる人をリサーチして連絡しアポを取り、実際にインタビューする所まで全て僕が行いました。

幸い友人やそのまた友人のコネをフルに使い、ベスナのメンバーとも連絡が取れましたし、ロシアの映画監督兼女優で反ロシアな映画を作り国を追われた方、ロシアの独立系テレビのTV rain(ドシチ)の元メンバーで今は独立していくつかのYou tubeチャンネルなどを運営している方ともインタビューができました。

(※掲載許可いただいています)

また南オセチアの国境取材では事前に取材許可を取っていなかったので途中で国境警察に止められ、国境を撮ることはおろか村の人へのインタビューも禁止されてしまい、国境警察に言われるままにジョージアの政府機関に問い合わせましたが全く埒が明かなく途方に暮れましたが、また友人の友人のジョージアの1チャンネルのお偉いさんを通し何とか取材許可を取ることが奇跡的にできました。

こうして南オセチアでの国境取材や南オセチア人やジョージア人で南オセチア紛争の時にジョージアに逃げてきた国境の村の方々、南オセチア紛争の避難民キャンプの方々などにインタビューすることができました。

(これらのインタビューの映像は今編集中とのことでまだ上がっていません。)

4日間の予定だった取材協力が7日間に延長され、内容も広げることができたので満足していただけたかなと思います。

「五十嵐さんのお陰で良い取材ができました、感謝申し上げます」

「またジョージアに来る可能性はあると思うので、引き続きよろしくお願いします」

との嬉しいお言葉いただきました。

早朝から夜中まで丸7日間ずっと同行させてもらい、音取り作業や、実際のインタビューの通訳や、撮影現場、取材許可、アポ取り、街中や国境での突撃インタビューなどなど様々な新しいことを経験させていただき、食事もずっと一緒だったので非常に濃い1週間を送ることができました

ジョージアのあらゆる国境や紛争絡み、ロシア人の国を逃れジョージアに逃げて来た方々などとのネットワークなど経験を積めましたので次に活かしていくことができるかと思います。

もしテレビやメディアなどの取材協力が必要な場合はご相談ください。

smart

-テレビコーディネーター, ニュース
-, ,

© 2022 ジャーニー コーディネーター @ ジョージア Powered by AFFINGER5