Journey Georgia Coordinator

ジャーニー ジョージア コーディネーター

東ヨーロッパ・ジョージア移住から 現地校留学、 リタイア、不動産、 ビジネスまで 全般的にサポートします

ジョージアの食 ジョージアワイン 住まい、不動産 暮らし、生活

ヨーロッパ1コスパが良い国ジョージア

ジョージアは言わずと知れたヨーロッパの中でも1,2を争う物価が安い国

安いだけでなくコスパが良いのは非常に嬉しい。

実際に住んでみての私感でもかなりコスパが良く、生活面でも東南アジアの国々よりもコスパが良いと思う。

物価の安さだけで言うと若干フィリピンやベトナムの方が安いかもしれないが、特に住居は抜群にコスパが良く日本でも住めないレベルの豪邸に家賃300から500ドル月に出せば住めてしまう。

(クタイシは特に、しかも家具、キッチン用具等全て込み込み)

アメリカ人向けのリタイア後の生活でヨーロッパで最もコスパが良いお勧めの国第1位に選ばれたほどで、リタイアやロングステイにもお勧めの国。

近年はそのコスパの高さを求め世界中からフリーランスも押し寄せ、日本人のフリーランスでジョージアに移住して来る人も増えている。

コスパ、コスパと安い感じばかり注目されているが、ジョージア以外に世界4か国10都市ほどに住んでみて感じるのがいろいろなもののクオリティも高く、決して安いだけではない。

様々なもののベースのクオリティが高い上に物価が安いから最強のコスパが生み出されて一気にみんなが注目するほどのコスパ大国ジョージアとなったと思う。

それには歴史や文化や人々の価値観などが関係していると僕は思っていて、フィリピンは物価は安いがクオリティがまだ低いので日本と同等レベルのクオリティを求めると日本よりも高くなってしまう。物価が安いと言われているアジアやアフリカ、南米の国々でも同じようなことが言えると思う。しかし何度も繰り返すがジョージアはクオリティがある程度高くて安いから驚くことが多い。

個人的に何がクオリティが高くて安いかと感じるかと言うと

①住居

前述したように低価格で豪邸に住めかつ家具やキッチン用具、ベットシーツやタオル類など全て込み込みで入居してすぐに住める超至れり尽くせりでコスパ抜群

こんなに何もかも揃っていて価格が安く良い家に住めるのはそれをしに来るためだけにジョージアに短期で住んでみても良いレベル。

300ドルから500ドルはあくまでも豪邸レベルで2から3LDK以上ですので、少しクオリティが落ちるもの、古い家やジョージアの庶民が暮らす家、もしくは1LDKくらいの家でしたら200ドル以下、家賃100ドルの家だってそこそこ住めるレベルで住めます。

②食材

種類も豊富で素朴だがそれぞれの滋味の要素が高く出ていて見た目よりもずっと美味しく、出汁も抜群に出る。

野菜、果物が特に安く美味しい。

乳製品が日本では信じられないくらい安くいろいろありクオリティも高い

トマト1キロ70円

日本の高級メロンと同等のメロン1個100円

日本よりも美味しい桃1キロ150円

③お酒

ワインはもちろん安くて美味しい

700円出せばスーパーでもクヴェブリのオレンジワインが飲める

デイリーワインは300円代で普通に美味しい

ビールの価格は世界の中でもトップクラスに安いらしい

詳しくは以前書いているが、2.5リットルのビールが250円で飲めるのはマジで驚く

④交通費

これも世界で一番と言ってよいほど安いらしい。

確かに安い、ベンツのヴァンや大型ヴァンの乗り合いヴァンが主流の長距離移動でだいたい1時間5ラリ(150円)、3時間移動して700円ぐらい。電車はもう少し安く5時間半移動して650円ぐらいの料金だった。

市内のバスはどこに行くにも20円しないで行ける。

(日本はなかなかに交通費が高い)

⑤食

ジョージアではレストランで食べても飲んでもかなり安い、しかも美味しい。

4人で飲んで食べても2000円ぐらい、ボトルワイン何本か空けても1人1000円ぐらいで食べれる、しかも美味しくてオシャレでボリューミーで大満足(大きく外れることは滅多にない)

⑥通信費

通信費のコスパが良いのもフリーランスの人達が集まって来る大きな要素だと思います。

1週間ネット使い放題で175円!!

地方都市のクタイシでも速度はまあまあ早くなかなか途切れない(携帯契約の方が安定している)しテザリングもできるので使い勝手が良いです。

まとめ

世界中でコスパ良い国にここ20年以上住んでみて、これからも手を変え品を変え遊牧民や海賊のように移動しながら住み続けていこうと思っていますが、ジョージアは今のところ本当にコスパ良い国だと思っています。

上記していますが東南アジアは確かに物価は安いですが、先進国並みのクオリティを求めようと思えばデフレの日本以上にコストがかかってくるものが多く、クオリティをあまり望めないのが現実です。

ジョージアは今のところシャンプーや洗剤類などちょっと物価からしてみて高いし、うちに付いているロシア製の洗濯機やたら洗う時間が長く、やたら強引で強いので下着やズボンに穴あくよなーぐらいで後は英語などの教育費や専門性のあるもののコストがちょっと高いと感じるくらいです。

それぐらいで個人的には食にうるさく料理も大好きなのでフィリピンなどはそこだけがウンザリなのですが、ジョージアは思っていた以上に食材が良くパンやスイーツもレベルが高いのにめっちゃ安い、ワインが何よりも美味しく安いので本当に生活が豊かになりました。

寒さがどの程度か心配ですがセントラルヒーティングも付いているしとりあえずコロナ落ち着くまではずっとジョージアにいて、自由に出入りができるようになったら寒い時期だけフィリピンに移ります。

ジョージアがコスパ良い国なのは本当でした。(東南アジアはよく選んでください。)

-ジョージアの食, ジョージアワイン, 住まい、不動産, 暮らし、生活
-, , ,

© 2022 ジャーニー コーディネーター @ ジョージア Powered by AFFINGER5